はじめての墨画体験講座

投稿日:2018.01.25

ワークショップ

モダンな墨の世界を楽しみながら、墨色の美しさや深みを表現していきます。
「絵が苦手」「絵心がない」と感じる方をはじめ、初心者から経験者まで、それぞれのレベルに合った墨画を体験できます。
今回は、墨画の基礎にふれてから、杉村惇画伯が描いた果実や花、ランプなどのモチーフを色紙に描きます。



開催日:2018年2月17日(土)※キャンセル待ち受付中
    2018年3月6日(火)
時 間:13時~15時
場 所:塩竈市杉村惇美術館
受講料(各回):3,500円【事前予約制】

・1回だけの参加も可能です。
・講座の日は、常設展、企画展ともに無料でご覧いただけます。
・初めての方も経験者とご一緒ですが、個別に指導があります。
・道具は貸出ができます。お持ちでない方はお申し出ください。


webフォーム
電話:022-363-2555


講師 一関恵美(いちのせき えみ)
グラフィックデザイナーを経て独学で墨を追求し、1998年より墨画家・山﨑順子氏に師事。独立後、仙台を拠点に国内外で作品を発表する。「山和酒造」「勝山館」「一ノ蔵」「浦霞」などのラベルデザイン・CDジャケット・手ぬぐい・パッケージ・食器・ドレス・アクセサリー・家具などジャンルを問わず、墨のイメージを幅広く展開。生涯学習指導員として小中学校・福祉施設などで「墨あそび」教室を開き、墨文化普及に携わる。仙台市在住。