まちと 記憶と 映画館 〜岩井俊二編〜 花とアリスのもうひとつの物語

投稿日:2015.05.14

企画展

大講堂が塩竈市公民館本町分室に誕生した昭和30年代。この頃は映画全盛期とも言われ、市内には、塩釜大映映画劇場、塩釜パール映画劇場、塩釜日活コリー映画劇場、塩釜松竹映画劇場、ミナト映画劇場(テアトル塩釜)、塩釜東映映画劇場などの映画館がありました。テレビやインターネット等が普及する前の時代背景から、映画館は文化的な刺激や団らんを味わう貴重な場でした。

「まちと 記憶と 映画館」は、このまちの昭和30年代の記憶をあつめながら、当時の映画館のような文化的な団らんの場をつくるプログラムです。高さ9.7mアーチ型天井の広々とした大講堂で娯楽や文化を満喫する時間を、まちの新たな記憶としてつくっていきます。
第一弾では、当時、塩竈パール映画劇場にて映画館体験を楽しんだ映画監督・岩井俊二氏を迎え、映画館の記憶を人々と分かち合い、また岩井俊二監督の映画上映や絵コンテなどを展示します。

主催:塩竈市杉村惇美術館 共催:塩竈市
協力:Rockwell Eyes Inc. NPO法人20世紀アーカイブ仙台
後援:仙台放送、ミヤギテレビ、KHB東日本放送、TBC東北放送、河北新報社、仙台リビング新聞社 エフエム仙台

——————————————————————————————–

絵コンテ・写真展示

© 花とアリス殺人事件製作委員会

国内では初公開となる岩井俊二監督による『花とアリス』『花とアリス 殺人事件』の絵コンテ 作品約30点、そして『リリイ・シュシュのすべて』スチール写真を担当し、『花とアリス』の写真集を台湾で撮りおろした写真家アイビー・チェンによる写真展示を行います。

6月6日(土)〜7月12日(日)
10時〜17時(入館受付16時30分まで)月曜休館 ※但し、映画上映日は20時まで開館
企画展示室1・2

観覧料(特別企画展+常設展セット)
一般500円 大学生・高校生400円 中学生以下無料
団体(20人以上):一般400円 大学生・高校生320円 中学生以下無料

——————————————————————————————–

■ 映画上映会


©2004 Rockwell Eyes・H&A Project

長編実写版『花とアリス』
6月27日(土)19時30分〜21時45分(開場19時15分) 大講堂

鑑賞料金 1,000円(展示観覧料込、ワンドリンク付)
監督・脚本=岩井俊二 出演=鈴木杏、蒼井優ほか(2004年/135分)

岩井俊二監督がリリカルなタッチで紡ぎ上げた青春映画。親友同士の女子高生2人と、先輩の男の子が織り成す恋の三角関係が、せつなさとユーモアたっぷりにつづられる。


© 花とアリス殺人事件製作委員会

長編アニメーション『花とアリス殺人事件』
6月28日(日)19時30分〜21時10分(開場19時15分) 大講堂

鑑賞料金 1,800円(展示観覧料込、ワンドリンク付)
監督・脚本=岩井俊二 出演=鈴木杏、蒼井優ほか(2015年/100分)

2004年製作・公開の岩井俊二監督による青春ドラマ『花とアリス』の前日譚となるアニメ。岩井俊二が初めて長編アニメーションを手掛け、2人の中学生、徹子 (=アリス)と花(=ハナ)の出会いのエピソードがつづられる。『花とアリス』でアリスを演じていた蒼井優と花を演じていた鈴木杏がそれぞれ今回のアニメ版でも声優を担当。


©2001 Lily Chou-Chou Partners.

『リリイ・シュシュのすべて』
7月4日(土)14時〜16時30分(開場13時45分) 日本間

鑑賞料金 1,000円(展示観覧料込、ワンドリンク付)
監督・脚本=岩井俊二 出演:市原隼人、伊藤歩、蒼井優ほか(2001年/146分)

岩井俊二監督がネット上の小説から構想を発展させた作品。イジメ、万引き、暴行などの犯罪が渦巻く日常で、心に傷を負った14歳の少年少女の痛みを繊細なタッチで描く。

——————————————————————————————–
トーク
岩井俊二監督に師事した写真家アイビー・チェンと映画監督永田琴氏を交えて、岩井監督との撮影秘話や作品について語ります。

6月27日(土)18時15分〜19時15分(開場18時) 大講堂
出演 岩井俊二監督、アイビー・チェン(写真家)、永田琴(映画監督)
参加料 1,500円(展示観覧料込、ワンドリンク付)

——————————————————————————————–

ライブ

岩井俊二監督、女優でシンガーソングライターの椎名琴音、作編曲家の桑原まこによる音楽ユニット「ヘクとパスカル」の音楽ライブ。『花とアリス 殺人事件』サウンドトラックをはじめ、ピアノによる原曲をボーカル曲にアレンジした主題歌“fish in the pool”等、『花とアリス』のサウンドトラック『H&A』をリアレンジした楽曲を発表します。

6月28日(日)15時30分~16時30分(開場15時15分) 大講堂
出演 ヘクとパスカル
参加料 3,000円(展示観覧料込、ワンドリンク付)

——————————————————————————————–

——————————————————————————————–

ライブ

Salyuの楽曲にLily Chou-Chouの楽曲も交えたこの日限りのスペシャルライブをSalyuと小林武史でお届けします。

7月4日(土)18時30分〜(開場18時) 大講堂
鑑賞料金 4,000円(展示観覧料込、ワンドリンク付)
※チケットは完売いたしました。

——————————————————————————————–

連動企画
シネマ談話室「映画とカフェの美しい関係」

おいしいコーヒーとお菓子を食べながら映画についての談話会

6月13日(土)17時〜 塩竈本町談話室
参加料 1,000円(コーヒーと焼き菓子付)【定員10名/予約はこちらから
モデレーター 千葉伸一

まちのきおくをあつめる、かたる

写真所蔵/風の時編集部

塩竈の昭和時代の風景写真を展示し、市民のみなさんの記憶を集めます。

6月6日(土)~7月12日(日) 大講堂前、本町通り商店街

市民図書館所蔵 岩井俊二監督の書籍と昭和30年代日本映画
「まちと 記憶と 映画館 〜岩井俊二編〜  花とアリスのもうひとつの物語」関連企画として、塩竈市民図書館にて『ラヴレター』『ウォーレスの人魚』など岩井俊二著の図書や関連資料を展示します。
また、市内に最大で6館も映画館があった昭和30年代にスポットを当て、図書館所蔵の昭和30年代制作の日本映画を紹介します。
貸出や図書館内での視聴も可能です。この機会にぜひご覧ください。

期間:6月6日(土)〜7月12日(日)
場所:壱番館(塩竈市民図書館) 4階エレベーター脇 展示スペース

——————————————————————————————–

チケット発売:2015年6月2日
上映、トーク、ライブのチケットは下記で取扱い予定です。
(時間は場所の営業時間によります)
塩竈市杉村惇美術館
book cafe 火星の庭
gallery&atelier TURNAROUND
ギャラリー チフリグリ

※ほか仙台のカフェ、ギャラリーなど決定次第随時お知らせ致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
お問い合わせ
塩竈市杉村惇美術館
022-362-2555
ーーーーーーーーーーーーーーーー