暮らしの市2018夏<布もの・工芸品>

投稿日:2018.06.12

イベント


〈知恵と工夫で暮らしを彩る〉をテーマとするクラフトマーケット。うつわや布物、木工品等のてづくり品から古本・古物、植物、食などのブース、ワークショップブースが並び、日々の暮らしを提案します。
お店の紹介やワークショップの内容は随時ご案内していきます。

開催日:2018年7月7日(土)・8日(日)
※両日とも10時~15時

連動企画:『キノモノイトノモノそしてネコノモノ』@カフェはれま

お問い合わせ:塩竈市杉村惇美術館
電話022-362-2555(美術館開館日・10時〜17時)
メール
 


 

decour【布もの・アクセサリー】
2018年7月7日


洋服、アクセサリー、布小物の販売。
インポートの洋服やアクセサリー、布BAG、レトロなハギレなどお持ちします。
ホームページ
 

hokaw studio【陶芸品】
2018年7月7日


「primitive is cool」をテーマに器を作っています。
ホームページ
 


 

mihoco sato ceramics【陶芸品・アクセサリー】
2018年7月7日



宮城県亘理町にて、陶の器やアクセサリーを制作しています。器は、シンプルだけどありそうでない、新鮮なものを。アクセサリーは、限りなくシンプルで、身につける人と服を引き立てるものを。ぜひ、会場でお手にとって見ていただければと思います。
ホームページ
 


 

m&i【布もの】
2018年7月7日



制作物は主に子供の身の回りのもので、自分が子育て過程でこんなものほしいなと感じたものを形にしています。毎日の洗濯に耐え、子どものものはクタクタになってもそれが味になるような、毎日使う道具と考えています。ただ身につけるものなので、着心地やさわり心地も大切にしています。子どもだけでなく、毎日育児に頑張るお母さんがほんの少しでも癒やされたら良いなと思い作っています。
ホームページ
 


 

工房すぴか【手織りもの】
2018年7月8日


機能的な実用品にもかかわらず、意欲的で和やかな工房の雰囲気を映し出すような商品が並びます。既成概念にとらわれない想像力から生まれた手織り布が、皆様の心を解きほぐし、仲間と楽しくポジティブな時間を過ごすきっかけづくりにお役に立ちますように。その思いを込めたブランドGEZELLIG(ヘゼリヒ)の商品を是非お手に取って見てください。
ホームページ
 


 

工房すぴか【布もの】
2018年7月8日


気分がアップするハンドメイド布小物を販売しています。