【貸館】寺尾紗穂 杉村惇美術館大講堂公演2018

投稿日:2018.09.12

ライブ



11月3日(土祝)15時開場/15時半開演

オープニングアクト:内田翼
ビッグイシュー出張即売会あり


会場:塩竈市杉村惇美術館大講堂(塩竈市本町8番1号)
※公共交通機関のご利用が近隣の有料駐車場をご利用下さい。


予約3,000円
当日3,500円(宿泊割り 2,000円)
小学生以下無料
中学高校生 1,000円 
大学生専門学生・障がい者(介助者は無料)・学生以外の25歳以下 1,500円 
飲食持ち込み可

予約・問い合わせ
sutou4514●yahoo.co.jp(●を@)もしくはTEL09040416015(担当・須藤)
WEB予約・ホームページ

寺尾紗穂
1981年11月7日生まれ。東京出身。
大学時代に結成したバンドThousands Birdies’ Legsでボーカル、作詞作曲を務める傍ら、弾き語りの活動を始める。2007年ピアノ弾き語りによるメジャーデビューアルバム「御身」が各方面で話題になり,坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。大林宣彦監督作品「転校生 さよならあなた」の主題歌を担当した他、CM、エッセイの分野でも活躍中。10月17日に、伊賀航・あだち麗三郎とのバンド『冬にわかれて』の1stを発売。2009年よりビッグイシューサポートライブ「りんりんふぇす」を主催。10年続けることを目標に取り組んでいる。著書に「評伝 川島芳子」(文春新書)「愛し、日々」(天然文庫)「原発労働者」(講談社現代文庫)「南洋と私」(リトルモア)、編集し自主制作した「音楽のまわり」、10月17日に「彗星の孤独」を発売。

内田翼◆オープニングアクト
鹿児島県生まれ。山や田んぼや畑に囲まれて幼少期を過ごす。 言語化できない分からなさを伴う感覚を、意味を求めず受け入れた上で、表現に転換することを手探りしている。

ビッグイシュー
ビッグイシューは市民が市民自身で仕事、「働く場」をつくる試み。2003年9月、質の高い雑誌をつくりホームレスの人の独占販売事業とすることで、ホームレス問題の解決に挑戦。ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。ビッグイシュー販売者となった人は1冊350円の雑誌を売れば、半分以上の180円を収入とできる、ビジネスパートナー、代理店主、自営業者となります。
昨年は不参加でしたが、寺尾紗穂・宮城公演ではお馴染みの橋本さんが出張即売会を開催。