若手アーティスト支援プログラムVoyage2019 出展作家決定!

投稿日:2019.01.22

お知らせ


2019年の若手アーティスト支援プログラムVoyageの出展作家は、阿部明子さんと是恒さくらさんに決定いたしました。

 
募集概要・審査員
 


 

阿部明子(あべ あきこ)

写真家。1984年宮城県美里町(旧小牛田町)生まれ、東京都在住。2007年東北芸術工科大学 デザイン工学部情報デザイン学科 映像コース(現映像学科)卒業。シェアハウスなど、自身が生活を送る場所の特性やその生活の中で繰り返し見つづけることになる風景を主題に、多重露光で複数の写真のレイヤーを重ねた作品をはじめ、写真の新しい表現方法を模索しながら制作。ものや風景、他者との境界を探り、多角的な視点を取り入れながら、写真表現の可能性を追求している。

【個展】
2006年「明るく暮れる淡い記し」(やまぎんギャラリー/山形)
2007年「ささやかに吐かれる息」(ギャラリーエス/東京)
2013年「空は青くてもう夕方のようだ」(SARP仙台アーティストランプレイス)
2014年「染みだす閾」(SARP仙台アーティストランプレイス)
2015年「不在の痕」(SARP仙台アーティストランプレイス)
2016年「編ミ景」(アートギャラリー杜/仙台)
2017年 湊雅博プロデュース「事象」展「レウムノビレ」(MUSEE F/東京)
2017年「温室の庭」(SARP仙台アーティストランプレイス)
2018年「てさぐりのかたち」(SARP仙台アーティストランプレイス)

【グループ展】
2005年「RAP!RAP!RAP!」(東北芸術工科大学/山形)
2006年「第34回社団法人日本広告写真家協会公募展」(大阪市立美術館)
2006年「モノクローム」(ギャラリーアートグラフ/東京)
2006年「第34回社団法人日本広告写真家協会公募展」(東京都写真美術館)
2007年「東北芸術工科大学卒業/修了研究・制作展」(東北芸術工科大学/山形)
2007年「東北芸術工科大学映像コース写真専攻卒業制作展」(新宿NIKONサロン)
2010年「雨の時展」(ギャラリーイントラート/愛知・鳥取)
2012年「トーキョーワンダーウォール公募2012」(東京都現代美術館)
2015年「リフレクション展」(表参道画廊+MUSEE F/東京)
2016年「カンコウツウコウ 春の会合」(トーキヨーライトルーム/東京)
2016年「カンコウツウコウ 夏の会合」(トーキヨーライトルーム/東京)
2016年「カンコウツウコウ 秋の会合」(SARP仙台アーティストランプレイス)
2016年「第5回せんだい21アンデパンダン展」(GALLERY ECHIGO/仙台)
2017年「第6回せんだい21アンデパンダン展」(ギャラリーチフリグリ/仙台)
2018年「平成29年度 宮城県芸術選奨受賞者作品展 ―みやぎ芸術銀河作品展―」
   (東京エレクトロンホール宮城)
2018年「カンコウツウコウ 拡張家族アルバム#1」(トーキヨーライトルーム/東京)

【受賞】
2018年 平成29年度宮城県芸術選奨新人賞
 
 
 
 

是恒さくら(これつね さくら)

美術家。1986年広島県呉市生まれ、仙台市在住。2010年アラスカ州立大学フェアバンクス校卒業。2017年東北芸術工科大学大学院 修士課程地域デザイン研究領域修了(優秀賞)。2018年より東北大学東北アジア研究センター学術研究員。アラスカや東北各地の捕鯨、漁労文化についてフィールドワークと採話を行い、リトルプレスや刺繍、造形作品として発表。個々人の記憶が持つ視点の豊かさに目を向け、人と自然の尊い結びつきを伝え続けている。

【個展】
2010年 “Vanishing Points” (アラスカ州立大学)
2013年「創造新話 -post-creation myth-」(18帖の空間。mosaic/広島)
    「つみくさ」(広島芸術センター)
2016年「鹿画廊 2015-2016 冬」会期03 「ありふれたくじら」(cafeはまぐり堂/石巻)
2017年「鹿画廊 2017」会期03「ありふれたくじら|牡鹿半島〜太地浦」(cafeはまぐり堂/石巻)
    「沖語り-オキガタリ-」(Open Letter/東京)
    「story whaling」(横川創苑/広島)
2018年「N.E.blood 21: Vol.67 是恒さくら展」(リアス・アーク美術館/気仙沼)
    「ほつれを・まつる ~リトルプレス『ありふれたくじら』2016-2018~」
    (Cyg art gallery/岩手)

【グループ展】
2009年 “Skin Sisters and Countenance”
    (Bunnell Street Arts Center/アラスカ州ホーマー)
    ”Countenance: Modern Masks of the North”
    (Well Street Art Company/アラスカ州フェアバンクス)
2010年 “Duhesa Lounge Exhibition” (コロラド州立大学)
2012年「第64回広島県美術展」(広島県立美術館)
2013年「京都府美術工芸新鋭展 2013京都美術ビエンナーレ」(京都文化博物館)
2015年 第4回都美セレクショングループ展「東北画は可能か?―地方之国構想博物館―」
   (東京都美術館)
2017年「東北画は可能か? ~地方之国構想博物館~」(鶴岡アートフォーラム/山形)
    「相転移/phase transition」(KUGURU/山形)
    「新・今日の作家展2017 キオクのかたち/キロクのかたち」
    (横浜市民ギャラリー/神奈川)
    東北芸術工科大学 大学院レビュー展「TOHOKU CALLING」
    (アーツ千代田 3331B104 ギャラリースペース/東京)
2018年 鹿画廊 2018・冬「絵と縫物と本」(cafeはまぐり堂/石巻)
    みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018 企画展「現代山形考」
    (東北芸術工科大学/山形)

【受賞】
2012年「第64回広島県美術展」奨励賞
2013年「京都府美術工芸新鋭展 2013京都美術ビエンナーレ」入選

 


 

若手アーティスト支援プログラムVoyage 開催概要
会期 2019年7月6日[土]ー8月25日[日]※月曜休館(祝日の場合は翌日)
会場 塩竈市杉村惇美術館 企画展示室
主催 塩竈市杉村惇美術館