【貸館】gg Lock Art Festival in Shiogama

投稿日:2016.08.01

トーク&ライブ

雑貨屋ggのつながりのある場所でアーティストやクリエイターと繰り広げる
ggLock Art Festival。
横浜、長野、スウェーデン、沖縄、台湾での開催を重ね今年で7回目となる2016年は宮城県塩竈で開催します。
日々の小さな幸せを考える活動をしてきたgg(ジジ)の今年のテーマは「海と旅立ち」です。

OPENING:語り継ぎのためのリーディング
2016年8月6日(土)18:30~20:00
参加無料
会場:サロン2階
浦戸諸島の物語
ポエトリーリーディング 後藤理絵×六弦琴(G)
笹倉慎介ミニライブ

LIVE&TALK EVENT:
2016年8月7日(日)14:00~17:00(休憩有)
料金:3500円(当日4000円)
会場:大講堂
LIVE:赤い靴×The BOCOS
TALK:平間至×笹倉慎介(テーマ:旅する音楽)

【チケット:お申し込みはこちらから
【塩竈市杉村惇美術館窓口でも受付。美術館開館日10時〜17時。※お支払いは現金のみとさせていただきます。】

赤い靴

CM音楽など作曲家として活躍する東川亜希子(ボーカル&ピアノ)。
矢野顕子、大橋トリオ、星野源、コトリンゴ、Predawn等のサポートドラマーとして活躍する神谷洵平の二人組。
2016年6/15 4thアルバム「AKAIKUTSU」を発表。バンド形態でレコーディングされた楽曲達、はたまたLAレコーディング(Mony Mark等が参加)も行い、今作は更にバラエティ溢れたオルタナティブな作品となっている。
最近では大橋トリオへの楽曲提供、Eテレシャキーンでの歌唱、編曲など多岐に渡り活躍中。
http://akaikutsuhakitai.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

THE BOCOS

「羊毛とおはな」の市川和則と「mitatake」の見田諭のギターデュオ。 知り合って20年。ギター仲間を15年。 一緒になんかやろうと昔のようにギターを持ち寄って楽しむ事を前提に結成。 お互いの引き出しを覗いて、共有して、試して、失敗して、作って、 チャイムが鳴ったら家に帰っていく。そんな二人組。 映画やラジオ、CMなどの音楽制作も手掛けている。
http://thebocos.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平間至
1963年、宮城県塩竈市に生まれる。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、写真家イジマカオル氏に師事。
躍動感のある人物撮影で、今までにないスタイルを打ち出し、写真から音楽が聞こえてくるような作品により、多くのミュージシャン撮影を手掛ける。近年では舞踊家の田中泯氏の「-場踊り-」シリーズをライフワークとし、世界との一体感を感じさせるような作品制作を追求している。2006年よりゼラチンシルバーセッッションに参加、2008年より「塩竈フォトフェスティバル」を企画・プロデュース。2009年よりレンタル暗室&ギャラリー「PIPPO」をオープンし、多彩なワークショップを企画する等、フィルム写真の普及活動を行っている。 2013年には、俳優・綾野剛写真集「胎響」(ワニブックス)や、田中泯氏との写真集「Last Movement-最終の身振りへ向けて?」(博進堂)の発表と共に個展も行い、大きな注目を集めた。2012年より塩竈にて、音楽フェスティバル「GAMA ROCK」主催。
http://www.itarujet.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

笹倉慎介
1981年生まれ。シンガーソングライター、文筆家。
2008年にアルバム「Rocking Chair Girl」でデビュー。NHK Eテレで放送中の「2355」(教育テレビ:総合演出佐藤雅彦氏)では、
「顕微鏡で覗く世界」「小さな恋の物語」等のヴォーカルを担当。これまでに5枚のオリジナルアルバムと、アイリッシュグループJohn John Festivalとの共作や、笹倉慎介 with 森は生きている名義の7インチシングルを発表している。
さらに自身がオーナーを務めるスタジオ兼カフェ「guzuri recordinghouse/guzuri珈琲店」にて、レコーディング・エンジニア、音楽プロデューサー、カフェの店主として日々を営んでいる。
http://www.sasakurashinsuke.com

gg(ジジ)は、「小さな幸せ」をテーマに、クリエイターやアーティストと共に活動しながら変化するプロジェクトです。
ホームページ 
Facebook 

主催
gg & Lucy+K Co.,Ltd