こどもと伝える 海とみなとまちの風景展

投稿日:2016.09.16

企画展


大宮エリー《まざーあーす》 2016年(部分)@Ellie Omiya

古代から都人たちが歌に詠み、また小池曲江をはじめとする多くの画家たちが描き、人々のあこがれを集めてきた美しい塩竈湾=千賀ノ浦やそこに育まれた港町の風景。それは、時代を越えて受け継がれてきた誇りある歴史的景観であるとともに、私たちの日々の暮らしとつながる大切な財産でもあります。
そうした港町・塩竈を舞台として開催する今回の公募展は、自分が住む地域の自然風土やまちの生き生きとした風景、そして伝えられてきた習慣やお祭り行事などの伝統文化に光をあて、次代を担うこどもたちが関心を拡げるとともに、美術表現を通して愛着を育むことを目的とするものです。
こどもたち一人ひとりの感性と手で生み出された作品は街なかを彩るように各所で展示し、広く市民の皆さまにご覧いただきます。また、大宮エリーさんによる浦戸諸島の風景をとらえた描きおろし作品の特別展示を行うほか、会期中は地域資源にふれる食やスケッチなどの楽しいイベントも開催します。
地域のこどもたちにとって、日常風景をみつめ、どんなまちでどんな人々と共に生きているかに気づくきっかけとなり、また美術活動を通して大人の方々とともに交流が深まる機会となれば幸いです。

 


屋内展示
2016年9月17日(土)〜10月2日(日)
塩竈市杉村惇美術館(塩竈市本町8番1号)
ビルドスペース(塩竈市港町2丁目3番11号)
ふれあいエスプ塩竈(塩竈市東玉川町9番1号)
【授賞式】2016年9月19日(月祝)13時〜13時45分 塩竈市杉村惇美術館大講堂

屋外展示
2016年9月17日(土)〜10月31日(月)
本町通り商店街/海岸通り/マリンゲート津波避難デッキ

大宮エリー作品特別展示
2016年9月17日(土)〜10月2日(日)
塩竈市杉村惇美術館企画展示室


■展示観覧料
塩竈市杉村惇美術館のみ一般200円/学生100円/中学生以下無料(常設展示観覧付)
ほか会場は入場無料

■会期中休館日
塩竈市杉村惇美術館・ビルドスペース:9月20日(火)、26日(月)
ふれあいエスプ塩竈:月曜日・祝日

主催:塩竈市杉村惇美術館 共催:塩竈市
協賛:協同組合連合会塩釜水産物仲卸市場 塩釜市芸術文化協会 志波彦神社・鹽竈神社 特定非営利活動法人NPOみなとしほがま
協力:小山登美夫ギャラリー 大宮エリー事務所
後援:TBC 東北放送 ミヤギテレビ 仙台放送 KHB 東日本放送 河北新報社 朝日新聞仙台総局 毎日新聞仙台支局 仙台リビング新聞社 エフエム仙台

<お問い合わせ>
〒985-0052 宮城県塩竈市本町8番1号
電話:022-362-2555/FAX:022-794-8873


地域の魅力を引き出す人生の「先輩」方によるイベント開催!どなたでもご参加いただけます。

よしもと芸人・もう中学生先輩とつくるダンボール風景画


ダンボールで風景画をつくるワークショップ。完成作品は会期中、美術館で展示します。
2016年9月19日(月祝)14時〜15時30分
塩竈市杉村惇美術館大講堂【参加費:1,000円(税込)】

定員に達しましたので、受付を終了しました


吾妻篤先輩と行くスケッチ会

洋画家・吾妻篤氏を講師にお迎えし、スケッチ会を行います。
吾妻篤:1937年、塩竈市生まれ。東北大学教育学部美術科卒業。日洋会運営委員。河北美術展顧問。宮城県芸術協会絵画部運営委員。
2016年9月22日(木祝)13時〜15時
集合場所:マリンゲート塩釜【参加費:500円(税込)】
定員10名・画材はクレパス・水彩等何でも可。

申込フォーム


大宮エリー先輩が描く海のある風景

ライヴペインティング
大宮エリー:作家、脚本家、映画監督、演出家、画家、CMディレクター。小山登美夫ギャラリーで絵画展『EMOTIONAL JOURNEY』 『painting dreams』を発表。現在、「サンデー毎日」で連載を担当。J-WAVEパーソナリティーとしても活躍中。
2016年9月25日(日)13時〜14時 開場30分前
※ライブペイントの時間が変更になりました
塩竈市杉村惇美術館大講堂【参加費:1,000円(税込)】
定員に達しましたので、受付を終了しました


TAVERNA GIRO先輩とつくる地元食材料理「塩竈蛮紅華パエリア」!

塩竈市海岸通に店を構える、イタリアンレストランTAVERNA GIROシェフが地元食材を活かした美味しいレシピを伝授します。
2016年9月29日(木)10時〜12時
塩釜水産物仲卸市場キッチンスタジオ【参加費:3,000円(税込)】 定員10名

申込フォーム


本公募展は、吾妻篤氏(洋画家)、三瀬夏之介氏(東北芸術工科大学教授)、もう中学生氏(よしもと芸人)を審査員にお迎えし、地域文化や魅力を描いた作品には、各協賛団体より賞の提供をいただいております。