【定期講座】じぶんだけの木版画をつくろう「黒で刷ろう」

投稿日:2018.11.19

定期講座


美術館定期講座の中の、「木版画」の手法を使って作品づくりを体験する講座です。今年度は「黒で刷る」ことをテーマに、身の回りにある日用品や風景などを、モチーフに選び、ポストカードサイズ(148×100mm)の作品をつくってみます。
途中でお昼休憩をはさみながら、木版画が初めての方も楽しみながら制作ができます。

版木と刷った作品はお持ち帰りいただけます。


【日程】
2018年4月21日(土) ※終了
2018年8月11日(土) ※終了
2018年12月22日(土)
2019年3月9日(土)

【時間:10時30分〜15時】
午前< 下描を転写、彫り>10時30分~12時
(お昼休憩12時〜13時まで)
※お昼休憩はお弁当でも、近隣でも、ご自宅でもご自由です。
午後<彫り・刷り>13時~15時00分

モノクロ写真・図版を版木に張り付ける技法で、より細かく彫ってみます。
着彩することもできます。

・定員
8名

・場所
塩竈市杉村惇美術館2階サロン

・受講料
2,000円(材料費・観覧料込)
※中学生以下、メンバーシップ会員:1,800円

・持ち物
彫刻刀
ポストカードにしたい図柄・写真をコンビニでモノクロコピーしたもの。100×148mmほど(風景や、食べ物・物、何でもかまいません)
エプロンか汚れても構わない服装
筆記用具
※彫刻刀をお持ちでない方は貸出も可能ですので、申込み時にお問い合わせください。

➡図柄のコピーについて

事前予約制/予約フォーム:https://goo.gl/forms/734MPWYUdKdet9n63

講師プロフィール:小野智香
1989年宮城県塩竈市生まれ。東北芸術工科大学芸術学部美術科洋画コース版画専攻卒業。仙台中心にグループ展・アートイベント参加。2012年「版画みやぎ2012」2014年「あのアートバトル、こんどはこの3人で。日々の制作3人展vol.2」(artroomENOMA)2015年「残暑見舞い申し上げます展」企画・共催(ギャラリーチフリグリ)