演奏会「海が聴こえる」

投稿日:2018.09.12

ライブ


チェロとリードオルガンによる演奏会「海が聴こえる」


リードオルガン奏者・松尾泰江さんとチェリスト・明珍幸希さんが海をテーマにした音楽を奏でます。高さ9.7mのアーチ型天井が美しい大講堂にて、海を感じるひとときをお過ごしください。

10月8日[月祝]14時~15時(受付開場30分前) 大講堂
料金:1,000円(茶菓子付)【要予約】

※小学生以下はお菓子代のみ
申込フォームへ


<プログラム>
海の見える街/カントリー・ロード/島唄/さとうきび畑/ていんさぐぬ花/花/なだ そうそう/燈台守/誰もいない海/椰子の実/浜辺の歌/アンダー・ザ・シー ほか
※順不同/曲目は変更となる予定があります。
 
 
 
松尾泰江(リードオルガン)

埼玉県飯能市出身。武蔵野音大短期大学部ピアノ科卒業。宮城学院女子大学音楽科オルガン専攻卒業。宮城学院中学高校で8年音楽教師として勤務。後、恩師・故松原茂氏の後を継ぎ、宮城教育大学、宮城学院女子大学でオルガン指導を30年続ける。故松原茂氏、広野嗣雄氏、小林英之氏に師事。バッハホール音楽院オルガン科講師。

 
 
 

明珍幸希(チェロ)

尚絅女学院短期大学保育科音楽コース卒業、洗足学園大学音楽学部卒業。チェロを山本純、伊東毅、金木博幸、間瀬利雄の各氏に師事。室内楽を岡田伸夫氏に師事。現在、アライミュージックアカデミーTutti講師。