陶芸ワークショップ「つくりかえる:骨のある生活」

投稿日:2019.06.04

ワークショップ

「閾 -いき- を編む」関連企画

陶芸ワークショップ

「つくりかえる:骨のある生活」

かつては身近な食器や道具の材料だった骨。
縄文の貝塚から出土したさまざまな骨を観察し、
いまの暮らしに取り入れやすい陶作品に作りかえます。

講師:KAIZOKU[根本裕子(陶芸家)・是恒さくら(美術家)]

2019年8月17日(土)13時~16時
会場:講習室
参加費:3,500円(陶土・焼成費込)
定員:15名【要予約】

※対象:小学生以上
※お渡しまで約1か月半程度かかります。
 美術館で直接お渡しまたは発送(着払い)となります。

→予約フォーム