こども探偵事務所・指令28「ステンドグラスを調査」

投稿日:2022.11.09

ワークショップ



洋画家・杉村惇画伯がモチーフとして描いたランプの謎にせまります!
今回はステンドグラスを用いた常夜灯(フットランプ)の制作を通して、杉村画伯が
魅了されたガラスの美しさ、その魅力にせまります。
今年度は、杉村惇画伯が生涯多くの作品に描いた代表的なモチーフのひとつである
「ランプ」について、一年を通してさまざまな角度から調査をしてみます。

2022年12月17日(土)
午前の部10:00~
午後の部14:00~(
15分前受付開始、2時間程度)

講師:武田奈未さん(ステンドグラス作家)https://glass-ginga.com

プロフィール:
stained glass Ginga という屋号でステンドグラスの技法を使い、様々なものづくりをしている。オーダー制作を中心に、出張型のworkshopを開く。おばあちゃんが大切に使っていた家具や洋服、アクセサリー…美しい手仕事に惹かれ大事に受け継いで使う。私が作ったガラスが望んでくださった方の元へ届き、時代を超えて愛されるものであったら…と願い、日々手を動かしている。

参加費:1,000円(材料費込)
参加対象:小学生
定員各回6名、事前申込制

申込フォーム ※現在、キャンセル待ちを受け付けております。

共催:みやぎ県民文化創造の祭典(芸術銀河)

※制作した作品はお預かりさせていただき、こちらで仕上げを行いますので、後日お渡しになります。

※当日、所長より探偵手帳を配布します。
※手帳にスタンプを4つ集めると、探偵バッチをプレゼント。

 


 
保護者の方へ
※本イベントは手指の消毒や換気、三密を避けるなど、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を行います。また参加者のマスク着用をお願いしています。ご参加の際はご協力をお願いいたします。
※今後の状況次第では、内容が変更になる場合があります。変更がある場合は当館ホームページ、SNS等でお知らせいたします。
※こども探偵のみなさんと保護者の方は常設展をご覧いただけます。
 

 


 
「こども探偵事務所」とは
こどもたちの視点で美術館を巡り、作品や対象物を観察、知性や感性に響かせる機会をつくる、こどものための美術館体験です。
こどもたちにとって、美術館は好奇心をくすぐる刺激ある場所になるよう、こどもたちの興味関心を引き出しながら展開していきます。
美術館ボランティア・JUNBIサポーターの太田和美さんの企画で発足されました。